当サイトではCookieを使用します。このサイトを利用するには「プライバシーポリシー」を確認・承諾のうえでご利用ください。



2022年問題のまとめ (1)



2022年に明らかに起きる出来事から、 このころに問題が表面化しそうな出来事までまとめてみました。 将来の予測の参考にご利用ください。


2022年の主なイベント

・2/4-20 北京で第24回冬季オリンピック
・3/4-13 北京パラリンピック
・4/1 日本の成人年齢が18歳に。
・9/10-25 杭州市でアジア競技大会
・10月ころ 中国共産党全国代表大会


2022年 ミッキーマウスが著作権フリーに?


Disney
Disney / sⓘndy°

著作権は一定期間で消滅します。

しかし今だドル箱のディズニーは法律も動かし、いまだに消滅はしていません。

そんなディズニーもいよいよ年貢の納め時?

ひょっとすると2022年いっぱいで著作権が消える可能性が出てきました。

そうなれば、多くの創作者にとってはいいニュースかもしれませんが、ディズニー本社には逆風になりそうです。

参考:ミッキーマウスが2022年内に著作権フリーに?


2022年 燃料電池大型トラックの実証実験開始


アサヒグループホールディングス、西濃運輸、NEXT Logistics Japan、ヤマト運輸、トヨタ自動車、日野自動車は,燃料電池大型トラックの走行の実証実験を開始します。

燃料電池の普及に弾みになるか注目されます。

参考:燃料電池大型トラックの走行実証を2022年春ごろ開始 アサヒ、西濃、ヤマト、トヨタなど国内5社の物流業務に活用


2022年 東京でドローン配送が実現


Drone
Drone / Christopher.Michel

東京都では公募で「ドローンを活用した物流サービス等のビジネスモデル構築に関するプロジェクト」という実験を行います。

2022年ころまで行われる予定で、有人地帯でのドローンによる無人自動配達を行うのが目標となります。

物流やオフィス街での配送などが実施され、やっぱり早期に実現してほしいものです。

参考:「東京都におけるドローン物流プラットフォーム社会実装プロジェクト」始動!


2022年 無人自動操縦の飛行機がビジネス化へ


ベンチャーのエックスウイングでは、コックピットを無人にした商用航空機を目指しています。

早ければ2022年にも商用で実現するのではないかとされています。

おそらく居住者のいないエリアに限定されるのであれば、それほど大きな問題は出ないように思います。

参考:飛行機の無人自動操縦、2年後に許可の可能性も


2022年 スペースX、月面着陸へ


SPACEX zuma
SPACEX zuma / tonynetone

イーロンマスク率いるスターシップビジネスのスペースXのタイムラインです。

SpaceXの社長でCOOのGwynne Shotwell(グウィン・ショットウェル)氏によれば2022年までには月面着陸を成功。

2024年までには月面着陸用の資源を運べるほどにしたいといいます。


スペースXは勢いがありますから、意外にサクッと実現させてしまうかもしれませんね。期待しましょう。

参考:SpaceXは2022年までに月面にStarshipを着陸させ、2024年までに月面着陸に備える予定


2022年 デジタル人民元が流通する


中国では国家が管理するデジタル通貨である「デジタル人民元」のテストを開始しています。

2022年のオリンピック開催時には一般に広く利用されるようになるかもしれません。

参考:デジタル人民元とは?機能は?いつから使える?




2022年 コロナ前の水準に経済が回復する


recovery
recovery / erix!

ドイツのショルツ財務相によれば、ドイツ経済は2022年初め、あるいはそれより前に以前の状態へ回復するとしています。


参考:ドイツ経済、2022年初めにはコロナ危機前の水準に回復へ=財務相


2022年 新型コロナウィルスの流行はこの年まで続く


mask
mask / ~jar{}

アメリカのハーバード大学の研究者によれば、「新型コロナの流行が2022年まで続く可能性がある」ということです。

そうなると経済が本当に持ちません。

困ったものです。

参考:新型コロナの流行「2022年まで続く可能性」米研究者


2022年 北京で冬季オリンピックが開催される


Olympics 2012
Olympics 2012 / Mike_fleming

2008年に北京で夏季オリンピックが開催されました。

花火が足跡をつけるといった華々しい演出がある一方、CG疑惑が起こるなど危うさも。

しかし、中国の急成長を世界中に印象付ける大イベントになったことは確かでしょう。


そして、なんと2022年には、北京で冬季オリンピックが開催されることが決定しました。

夏季と冬季と同じとして開催されるのはかなりレアなケースです。




2008年のオリンピックの頃には、世界景気や中国景気はピークを迎えて、経済的には中国は厳しい時代を迎えています。

2015年の上海株暴落は記憶に新しいところです。

中国の経済成長率が年々落ち着き始めているので、いろんなところでほころびが生じています。

この冬季オリンピックが、そんな中国経済のカンフル剤として期待される側面もありそうです。

はたして中国経済は回復するのでしょうか。




2022年 東北電力がシェールガスを輸入する


Join the Global Frackdown 2014
Join the Global Frackdown 2014 / greensefa

シェールガスの輸入がいよいよ本格化しそうです。

東北電力によれば、新型ガス「シェールガス」などを原料とする米国産液化天然ガス(LNG)を2022年から輸入開始します。

参考:東北電、米国産LNGを調達へ


1 2 3 4 »


[当サイトの情報について]
  • このサイト情報は、ネットや書籍などを参考に収集したものです。情報源についてはソースのリンクを参照ください。
  • 転記間違えや情報の利用制限の場合は、お問い合わせよりお知らせください。
  • このページの情報は予測・推測を含み、その正確性を保証するものではありません。