当サイトではCookieを使用します。このサイトを利用するには「プライバシーポリシー」を確認・承諾のうえでご利用ください。Accept

2026年問題のまとめ[近未来予測]



2026年には、こんな出来事がありそうです。


2026年のヒット予測

誰よりも早くヒットしそうなものを、どこよりも早く見つけていきます。
2026年ヒット予測 >>


2026年問題

2026年に起きるかもしれない出来事をまとめていきます。

2026年 AIが壁にぶち当たる

brain sculptures in progress 025
AIは、過去に何度かブームがありましたが、現在は機械学習によって大きく進歩しました。

学習するデータ量が多き程精度も向上するため、OpenAIやGoogle、Metaなどもこぞっていかに大量のデータを学習させるかという競争も激化しています。

しかしいくらネット上などに暴対な情報があるとはいえ無限ではありません。

また画像では、「画像学習したAIが作った画像をAIが学習する」というループが起きることも予想されています。

カリフォルニア大学バークレー校教授のスチュアート・ラッセル氏によれば、「低品質の言語データは2030年から2050年までに、高品質の言語データは2026年までに、視覚データは2030年から2060年までに、ストックを使い果たす」とされています。

学習可能な良質なデータがなくなるとAIの進歩も停止。

これによって「AIの停滞」ともいうべき時代が長く訪れることになる...のかもしれません。

参考:「AIの学習データが底をつく」'2026年問題'の衝撃度とその対策とは?


2026年 イーロンマスク火星へ?

The effect of the winds of Mars
The effect of the winds of Mars / europeanspaceagency

来日したテスラモータースCEOのイーロンマスクさんは、あと12年もあれば火星旅行が実現できると語りました。(2014)

テスラなどが12年で多くのことを成し遂げてきましたから、この後の12年で大きく前進することも期待できそうです。




2026年 世界最大の海底トンネルが中国に誕生する

Tunnel
Tunnel / byzantiumbooks

中国は世界最大の海底トンネルを2026年までに作ることを検討しています。

大連とヤンタイを結ぶトンネルで、2015,2016年あたりに着工できればということです。

長さは実に800マイル。



現在の最長の海底トンネルは英仏間で、23.6マイルの距離です。

参考: China considers constructing world's largest undersea tunnel by 2026


2026年 レッドマーズが実現する

Mars
Mars / Kevin M. Gill

ネビュラ賞/英国SF協会賞受賞の小説「レッドマーズ」が実現すると仮定すれば、厳選された百人の科学者を乗せた最初の火星植民船が、この年に船出します。
参考:レッド・マーズ〈上〉


2026年 最後の審判が実現する

Jesus
Jesus / MEDIODESCOCIDO

「イエスの洗礼から2000年目の最後の審判が、取り敢えず西暦2026年にあたるという」ことのようです。
参考:人類の歴史は2026年で終わる


2026年 マリリン・モンロー誕生から100年になる

Monroe
Monroe / Ace MegaRex

マリリン・モンローさんは1926年6月1日生まれ。
参考:マリリン・モンロー


2026年 アメリカで使用済み核燃料の建設地が選定される

Nuclear sign
Nuclear sign / Jonas B

米エネルギー省がまとめたプランより。
参考:米が核最終処分計画、2048年までに埋設開始(読売新聞)


2026年 リーマンショック並みの経済危機がまた起きる

Grief
Grief / x1klima

1973年のオイルショック、91年の日本の不動産バブル崩壊、2008年のリーマンショックと、世界を揺るがすような大きな経済危機が、17,8年ぐらいのサイクルで発生しています。

「大きな経済危機が18年周期で起きる」と仮定すれば、次に日本に大きな経済的ショックがやってくるのは2026年ごろになります。

参考:「18年周期説」で読む2026年の日本


2026年 サグラダ・ファミリアが完成する

Sagrada Familia
Sagrada Familia / neusitas

天才建築家アントニオガウディによって建築が進められていたスペインのサグラダ・ファミリア。

そのサグラダ・ファミリアが、いよいよこの年に完成するかもしれません。

参考:2026 We build tomorrow | Construïm el demà | Construimos el mañana




2026年 丙午(ひのえうま)になる

Horses
Horses / Karsun Designs Photography

この年は60年に一度の丙午(ひのえうま)。

ひのえうまは、西暦年を60で割って46が余る年が丙午の年です。



過去は丙午は、出産時期としては嫌われていたため、大きく人口が減っています。

しかし、この年の場合には、出生への影響は少ないということです。




2026年 インドが中国を抜く

India
India / HerryLawford

インドの人口2026年には14億7100万人に達し、
中国の13億5000万人を抜いて世界一となるといいます。

インドと中国は戦争もした相手同士。

国際社会のパワーバランスに、このような人口の変化がどう影響をおよぼすのか注視されます。

参考:2026年にはインドが中国を抜いて人口世界一の超大国になる見通し






[当サイトの情報について]
  • このサイト情報は、ネットや書籍などを参考に収集したものです。情報源についてはソースのリンクを参照ください。
  • 転記間違えや情報の利用制限の場合は、お問い合わせよりお知らせください。
  • このページの情報は予測・推測を含み、その正確性を保証するものではありません。




    Komatter WEBカメラVFX >>
    WebカムからTikTokやスナップチャット風エフェクト(87960 views)
    【Windows】遅延再生プレイヤー >>
    カメラ画像を一定時間遅らせて再生します。(188 views)
    【ツール】真っ白な画面を表示するには? >>
    ディスプレイのごみなどがみえるように真っ白画面を表示します。(22732 views)
    【特集】値上げ速報 >>
    指定月でどんなものが値上げされるかがわかります。(92589 views)
    Stable Audio Samples >>
    Prompts and samples for sound-generative...(140 views)