当サイトではCookieを使用します。このサイトを利用するには「プライバシーポリシー」を確認・承諾のうえでご利用ください。



2029年問題のまとめ (1)



2029年に明らかに起きる出来事から、 このころに問題が表面化しそうな出来事までまとめてみました。 将来の予測の参考にご利用ください。


2029年 ターミネーターの世界が実現する


Terminator - T800
Terminator - T800 / Rodrigo_Amorim

もしターミネイターの世界が実現したていたら、この頃スカイネットが1984年に向けてターミネーターを送り込むことになります。

最近では人工知能の進歩によって、本当にスカイネットのようなものが生まれてくる素地も出来てきています。

果たして人類は、スカイネットとの戦いに勝利できるのでしょうか。


参考:SF年表


2029年 ヨーロッパからの有人火星飛行が実現する


Mars home and laboratory unit
Mars home and laboratory unit / driver Photographer

ヨーロッパ宇宙機関(European Space Agency=ESA)は、この頃に有人火星飛行を実現させたいようです。

参考:ヨーロッパ 2029年に火星着陸!?


2029年 ベトナム人口が1億人を突破する


ベトナム 少女
ベトナム 少女 / Jurico

統計総局の予測より。

参考:ベトナム人口予測、2029年までに1億人を突破


2029年 南海トラフ地震がおきる


Chile Earthquake
Chile Earthquake / theglobalpanorama

9世紀に発生した大地震のような展開を現在に重ね合わせると、2029年に南海トラフ地震が起きたとしてもおかしくはないとの予測が出ています。

参考:地震考古学者が語る 首都直下型地震は2020年!?


2029年 コンピュータが感情を理解する


Cat language
Cat language / storebukkebruse

グーグルで自然言語の解析などを行っているRay Kurzweilさんによれば、2029年までにはコンピュータは、面白い・楽しい・ジョークなど、いわゆる人間らしい感情のロジックをも理解するだろうと予測しています。

参考:Computers will have emotional intelligence by 2029


2029年 大恐慌から100年になる


2nd and Union, Seattle, 1942
2nd and Union, Seattle, 1942 / Rob Ketcherside

大恐慌から100年になります。




2029年 地球が終わる


BENNU’S JOURNEY - Impacts
BENNU’S JOURNEY - Impacts / NASA Goddard Photo and Video

2029年4月13日に小惑星が地球を襲うかもしれず、場合によっては地球滅亡の可能性もあります。




2029年 人間と同じレベルの人工知能が登場する


Brain
Brain / IsaacMao

アメリカの発明家で未来学者のレイ・カーツワイルによれば、
2029年にも人間と同じレベルのAIが登場するという。

実現したとして、これがどのような影響をもたらすのかは現時点ではかなり想定しずらい。

知的作業をAIに完全に委託することもあるかもしれないし、
そのうち考えるロボットたちが人類から独立してまったく別世界を作っていくのかもしれない。

いずれにせよ21世紀最大の問題は、「AIと人間がどう住み分けていくのか」、ということになっているのかもしれない。

22世紀になって21世紀を振り返ると「人間が考えることから解放された世紀」と記すことになるのかもしれない。

参考:コンピュータは人間を神にするのだろうか~2029年に訪れる人間とAIが対等になる時代


1


[当サイトの情報について]
  • このサイト情報は、ネットや書籍などを参考に収集したものです。情報源についてはソースのリンクを参照ください。
  • 転記間違えや情報の利用制限の場合は、お問い合わせよりお知らせください。
  • このページの情報は予測・推測を含み、その正確性を保証するものではありません。