2034年問題のまとめ (1)



2034年に明らかに起きる出来事から、 このころに問題が表面化しそうな出来事までまとめてみました。 将来の予測の参考にご利用ください。


2034年 ビルゲイツの予言 労働者が不要の時代が到来する



ビルゲイツと言えば、マイクロソフト創業者であり、毎年の大富豪番付でも必ず上位にいて、更に慈善活動でも有名なまさしく現代の巨人の一人です。

そのビルゲイツさんは、今後、ソフトウェアの進化によって多くの職業がなくなること、そしてそれにまだ多くの人が気づいていないといいます。

経済シンクタンク「 The American Enterprise Institute on Thursday」の講演では、20年以内にそれが進行すると言います。

彼は「software substitution(ソフトウェアによる代行)」という言い方をしていますが、ビッグデータやインターネット、AI技術の進展がそれを促すことになります。



グーグルの前CEOシュミットさんも、同じようなことを述べており、彼は起業の促進、教育の充実、更に医療や食料のセーフティネットを準備することを提言しています。



世の中便利になればなるほど、収入を稼ぐ労働者としては必要とされない、そんな大変な時代がやってきています。


参考: TECH More: Bill Gates Jobs Bill Gates: People Don't Realize How Many Jobs Will Soon Be Replaced By Software Bots


2034年 ロボットが自己増殖するようになる



作家で人工知能技師のジョージ・ジャルカダキムさんは、生物のように自己増殖していくと予言しています。

自己増殖は3Dプリンタのような技術によって行われるとする専門家や、20-30年後には実現しているとする専門家がいます。

こうなってくると、不老不死で超知能を持った新しい生命種族の誕生のようにもなってきます。

これが人類を脅かすような危機的状況になって、はじめて世界は一つにまとまっていくのかもしれません。




2034年 織田信長誕生から500年になる



織田信長誕生から500年になるのは2034年です。

織田信長の誕生日は、天文3年5月12日(1534年6月23日)、天文3年5月28日[3]など諸説あるそうです。

参考:織田信長


2034年 米国社会保障信託基金がゼロになる



Security / Anonymous Account

アメリカ合衆国の社会保障信託基金の資産がゼロになると試算されています




2034年 超音速ドローンが登場する



unmanned drone / meeshypants

超音速/極超音速の無人航空機(ドローン)が実現します。

参考:http://wired.jp/2012/02/22/drone-report/


2034年 スイスの原発がなくなる



Fort «Furggels» - ABC Filtration Plant / Kecko

スイスでは、2034年までに脱原発を完了する予定です。

参考:http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2505T_V20C11A5FF1000/


2034年 韓国が財政破綻する



Changgyeonggung [Changgyeonggung Palace / Seoul] / d'n'c

急速な高齢化に襲われるのは日本や中国だけではありません。


韓国も急速に高齢化することが予測されています。


その結果、韓国の財政赤字が拡大。

2034年には韓国の財政が持続可能でなくなるという推測もあります。

参考:西暦検索 2034年


1


[当サイトの情報について]
  • このサイト情報は、ネットや書籍などを参考に収集したものです。情報源についてはソースのリンクを参照ください。
  • 転記間違えや情報の利用制限の場合は、お問い合わせよりお知らせください。
  • このページの情報は予測・推測を含み、その正確性を保証するものではありません。