こまったー


こまったー >> 20xx年問題

2060年問題のまとめ



2060年に明らかに起きる出来事から、このころに問題が表面化しそうな出来事までまとめてみました。将来の予測の参考にご利用ください。


1

2060年 日本の借金が1京1400兆円になる



財政制度等審議会による長期試算より。

それによれば、2060年度に借金が1京1400兆円になるといいます。

試算の消費税率は10%程度。



今後、財政健全化のために消費税をもっとあげて20%前後にすることを勧告する内容となっています。

参考:GDPの5.5倍に膨張=60年度「国の借金」―財政審


2060年 マイアミビーチがなくなる



米フロリダ州南部にある世界的な観光名所でもあるマイアミビーチ。

そのマイアミビーチが水没の危機に瀕しています。

1870年以降は海面は30センチも上昇。

2060年までにはさらに23~61センチの上昇すると予測されているためです。

参考:海面上昇 マイアミビーチ水没の危機


2060年 ニューロテクノロジーが次のコンドラチェフサイクルになる



Lifeboat Foundation Scientific Advisory Boardメンバーの Zack Lynchさんによれば、ニューロテクノロジー(バイオチップ、ナノテク、脳科学)がひょっとすると次の大きなイノベーションになる可能性を秘めているといいます。

1770-1830の海運
1820-1880の蒸気機関
1870-1920の鉄鋼、電気
1910-1970の石油、自動車
1960-2020のコンピュータ、IT
と大きな技術革新の波は60年前後の長いスパンで循環してきました。

ITやコンピュータがあまりにも一般化してしまった現在、求められる次の技術革新の波としてニューロテクノロジーが期待されるといいます。

参考:Neurotechnology and Society (2010–2060)


2060年 自由なカリキュラム、自発的な教育への以降が実現する


カーンアカデミーの予測する未来の教育。

表題は2060年のとあるが、実際にはそんなに遠くない未来と思われます。

●受動的な授業から、発見し、クリエイティブな授業へ(肉体労働→メンタル労働→クリエイティブ、イノベーション)

●固定されたカリキュラム(例えば州学校6年など)から、実績に応じたカリキュラムへ

●先生は、単に講義する人ではなく、コーチでありメンターとして高い役割が求められる

●よりグローバルな教育へのアクセス

参考:Year 2060: Education Predictions




2060年 5人に2人が65歳以上になる



Old Men in Vothonas / Klearchos Kapoutsis

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所より。

2060年には、5人に2人が65歳以上。

人口が3割減の8674万人になるといいます。

参考:2060年、5人に2人が65歳以上 人口3割減8674万人


2060年 世界のGDPが4倍になる



GDP 2008-2011 / Leader Nancy Pelosi

OECD「2060年までの長期経済成長見通し」より。

2060年のGDPは238兆米ドル。

中国とインドで、世界のGDP約46%を占めるとされています。

参考:現在の4倍! 2060年の世界のGDP総額


2060年 宇宙太陽光利用システムがはじまる



ジョージ フリードマンの「100年予測」による予測。

この頃、アメリカで宇宙太陽光利用システムが実用化へ。

太陽光をエネルギーに変換してから地球に送るシステムで、エネルギー革命を引き起こす可能性があります。




2060年 桶狭間の戦いから500年になる



織田信長が今川義元を滅ぼしたのが、桶狭間の戦い。

1560年のことです。

旧暦では永禄3年5月19日。

参考:桶狭間の戦い


2060年 韓国の若者人口が半減になる



Traditional market in Busan, South Korea / Lubo Jurik

韓国政府の報告書より。

2060年までに9~24歳の人口が現在の半分に減少すると警告をならしています。

参考:韓国の若者人口、2060年までに半減 政府報告書


2060年 韓国の年金が底をつく



ム・ヨンハ国民年金財政推計委員会委員長による見通し。

ただし賦課方式への変換などで、年金自体は維持される可能性が大きい。

参考:国民年金 2043年に頂点、2060年に底をつく


2060年 米国人口が4億人になる



State map of USA / Kevin Hutchinson

移民が成長ドライバーとなり続けることで米国の人口の拡大は維持。

2060年には3億9千万人から、4億4千万人程度だろうと予測されている。

参考:Immigration could be biggest driver of U.S. population growth by


2060年 ニュートンの予言で人類が終末を迎える



エッジワース・ボックス / uncorrelated

万有引力の法則でおなじみの天才アイザック・ニュートン。


彼が、ダニエル書から所謂「終末の時」を計算したところ、2060年以降であることを発見したというのです。

参考:ニュートン、終末の日を計算していた


2060年 エネルギーの1/3が太陽光発電になる



Solar Collectors / VeloBusDriver

IEA予測では、世界のエネルギーの1/3は太陽光発電になるかもしれません。

参考:ONE THIRD OF WORLD'S ENERGY COULD BE SOLAR BY 2060, PREDICTS HIS


2060年 日本が経済小国になる



OECDによる2060年の世界のGDP予測から。

予測によれば、世界のGDPで日本が占める割合は、6.7%から3.2%に低下していきます。

一方で、中国とインドはいずれも米国をしのぐといいます。

参考:日本、「経済小国」に転落=60年、中・印が超大国に-OECD長期予測


2060年 消費税率が68.5%になる



2060年の消費税率は68.5%になるという試算がなされています。

社会保障費はGDPの44.9%に達します。

もっともこれで国がちゃんと運営できるのかどうか、気になるところではあります。

参考:「親孝行しすぎ」が国を滅ぼす



[年代メニュー]
2021年 | 2022年 | 2023年 | 2024年 | 2025年 | 2026年 | 2027年 | 2028年 | 2029年 | 2030年 | 2031年 | 2032年 | 2033年 | 2034年 | 2035年 | 2036年 | 2037年 | 2038年 | 2039年 | 2040年 | 2041年 | 2042年 | 2043年 | 2044年 | 2045年 | 2046年 | 2047年 | 2048年 | 2049年 | 2050年 | 2051年 | 2052年 | 2053年 | 2054年 | 2055年 | 2056年 | 2057年 | 2058年 | 2059年 | 2060年 | 2061年 | 2062年 | 2063年 | 2064年 | 2065年 | 2066年 | 2067年 | 2068年 | 2069年 | 2070年 | 2071年 | 2072年 | 2073年 | 2074年 | 2075年 | 2076年 | 2077年 | 2078年 | 2079年 | 2080年 | 2081年 | 2082年 | 2083年 | 2084年 | 2085年 | 2086年 | 2087年 | 2088年 | 2089年 | 2090年 | 2091年 | 2092年 | 2093年 | 2094年 | 2095年 | 2096年 | 2097年 | 2098年 | 2099年 | 2100年 |



[当サイトの情報について]
  • このサイト情報は、ネットや書籍などを参考に収集したものです。情報源についてはソースのリンクを参照ください。
  • 転記間違えや情報の利用制限の場合は、お問い合わせよりお知らせください。
  • このページの情報は予測・推測を含み、その正確性を保証するものではありません。




    おすすめ
    クーポン・メイカー[無料テンプレート] >>
    文字を入れ替えて印刷用クーポンを作成します。
    Visit
    動画コマ送り再生専用ソフト >>
    無料の動画コマ送りソフトなどを置いています。
    Visit
    店舗用コロナウィルス対策グッズ >>
    消毒ジェルから飛沫パーティションまで、いろんな対策グッズを紹介します。
    Visit
    ころぽす - 無料コロナ対策ポスター・テンプレート >>
    コロナ対策用ポスターを、無料で作成・ダウンロードできます。
    Visit
    FB